活計(読み)カッケイ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐けい〔クワツ‐〕【活計】

暮らしを営むこと。また、その手段。生計。「活計を立てる」
豊かな暮らし。ぜいたく。
「日々寄り合ひ―を尽くす」〈太平記・三三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっけい【活計】

( 名 ) スル
生活を維持すること。また、そのための手段。生計。 「 -をたてる」 「 -にこまる」
もてなし。供応。 「御江戸へ来りて奉公をいたせばこそ、かかる-に合ふ事よ/浮世草子・永代蔵 6
豊かで安楽な暮らしをすること。贅沢。 「一族共、様様の遊宴を尽し、-しけるが/太平記 23

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android