活計(読み)かっけい

精選版 日本国語大辞典「活計」の解説

かっ‐けい クヮッ‥【活計】

〘名〙
① くらしを営むこと。また、そのための方法や手段。くらしむき。生計
※古今(905‐914)真名序「至好色之家、以此為花鳥之使、乞食之客、以此為活計之謀
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「此等の輩、何をもてか其活計をば得べき」 〔白居易‐履道居詩〕
② (形動) (━する) 豊かなくらしをすること。贅沢(ぜいたく)、享楽、気晴らしをして楽しむさま。
※太平記(14C後)二三「一族共、様々の遊宴を尽し、活計(クヮッケイ)しけるが」
史記抄(1477)一九「身をば活計にもちたがりて、辛苦をばしたうもなかりて」
酒食などを出してもてなすこと。饗応。もてなし。ごちそう。
※山科家礼記‐応永一九年(1412)二月二三日「上殿へ被召之間、美作同道仕て参す。夕飯なと種々活計あり」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)六「すはりし膳を二三度いただき〈略〉『御江戸へ来りて奉公をいたせばこそ、かかる活計(クッケイ)にあふ事よ』」
④ (形動) (━する) のんびりと気ままにすごすこと。また、そのさま。
※史記抄(1477)一三「以下は陸生かむつかしい時分ひつこふて、一期活計した事ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「活計」の解説

【活計】かつ(くわつ)けい

生活。伝正に与ふる一首〕千乘姪(しばしば)言ふ、大舅(すべ)て活計を作(な)さず、多く書畫奇物を買ひ、典錢(質屋通い)を常とす。老弟の(ねんご)ろにめんことを欲すと。

字通「活」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android