コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空屋 クウオク

デジタル大辞泉の解説

くう‐おく〔‐ヲク〕【空屋】

人の住んでいない家。あきや。

あきや【空屋】[書名]

宮崎湖処子の小説。明治24年(1891)、「国民小説」誌に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

空屋の関連キーワード甲賀三郎(推理作家)空家対策特別措置法宮崎 湖処子不動産侵奪罪空き家

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空屋の関連情報