コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎湖処子 みやざきこしょし

7件 の用語解説(宮崎湖処子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎湖処子
みやざきこしょし

[生]元治1(1864).9.20. 筑前,三奈木
[没]1922.8.9. 東京
詩人,小説家。本名,八百吉。 1887年東京専門学校卒業。同年『日本情交之変遷』で注目され,『帰省』 (1890) をはじめ十数編の小説のほか『湖処子詩集』 (93) ,『抒情詩』 (97,共著) を刊行してキリスト教的色彩に富む田園詩人として注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやざき‐こしょし【宮崎湖処子】

[1864~1922]詩人・小説家・評論家。筑前の生まれ。本名、八百吉。雑誌・新聞の記者を経て牧師となり、明治の叙情詩の開拓者といわれた。小説「帰省」「空屋」、詩集「湖処子詩集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宮崎湖処子【みやざきこしょし】

小説家,詩人,牧師。本名八百吉,別号八面楼主人等。筑前国生れ。東京専門学校(現早稲田大学)卒。《日本情交之変遷》《国民之友及び日本人》を刊行の後,徳富蘇峰に認められて民友社に入社。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎湖処子 みやざき-こしょし

1864-1922 明治-大正時代の詩人,小説家。
元治(げんじ)元年9月20日生まれ。国民新聞社にはいり詩,小説,評論を発表。明治23年刊の詩文集「帰省」で名をあげる。26年「湖処子詩集」を刊行。キリスト教信者で,晩年は独立伝道をおこなった。大正11年8月9日死去。59歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は八百吉。
【格言など】悲しきかな我すでに智慧の果を食(くら)いぬ(「帰省」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宮崎湖処子

没年:大正11.8.9(1922)
生年:元治1.9.20(1864.10.20)
明治時代の詩人,小説家。仁平,チカの3男。筑前国(福岡県)下座郡三奈木に生まれる。本名八百吉。喰那尾小学校,福岡中学を経て上京,東京専門学校(早大)政治科入学。在学中に受洗。卒業後,徳富蘇峰に認められ民友社に入社。明治24(1891)年,故郷三奈木を舞台に,エッセー風の美文に新体詩を交えた独特の小説『帰省』を刊行,文名を馳せた。ワーズワース,W.と陶淵明に私淑し,26年,『湖処子詩集』刊。30年には『抒情詩』を編集。これは国木田独歩,田山花袋など6人の詞華集で,湖処子も自作26篇を収録した。このころが詩人湖処子の認められた時代で,やがてキリスト教の布教活動に熱心になり,小説や評論,翻訳を発表するが注目はされなかった。著書に『まぼろし』(1892)などがある。<参考文献>『近代詩集Ⅰ』(日本近代文学大系53巻)

(及川茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みやざきこしょし【宮崎湖処子】

1864‐1922(元治1‐大正11)
詩人,小説家,評論家。本名八百吉(やおきち),別号八面楼主人など。筑前国三奈木村(現,甘木市)の生れ。東京専門学校(早大)卒。在学中にキリスト教に入信。1888年民友社に入り,《国民新聞》《国民之友》に多数の詩,小説,評論を発表。90年刊の《帰省》は,文明開化に汚染されぬ故郷への思慕をつづり,湖処子の田園文学の代表作となる。《湖処子詩集》(1893)や彼の編んだアンソロジー《抒情詩》(ほかに国木田独歩,松岡(柳田)国男,田山花袋など)(1897)中の新体詩は,農本的自然感情と宗教的敬虔さの融け合った清冽,平明な詩情を伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みやざきこしょし【宮崎湖処子】

1864~1922) 詩人・小説家・評論家・牧師。筑前生まれ。本名、八百吉。別号、八面楼主人など。東京専門学校卒。民友社系の浪漫主義文学者。温雅・素朴な作風で、出世作「帰省」は田園情趣の理想主義的文学観が顕著。著「人生私観」「湖処子詩集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宮崎湖処子の言及

【国木田独歩】より

…この結婚は半年で破局を迎えたが,このころから詩人的資質に目覚め,民友社系の《国民新聞》《国民之友》に浪漫的な詩を発表。これらは97年,宮崎湖処子,松岡(柳田)国男らとの共著詩集《抒情詩》にまとめられた。同年小説の処女作《源叔父(げんおじ)》を発表。…

※「宮崎湖処子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮崎湖処子の関連キーワード平井晩村演説家大鴉大貫晶川永井直哉福島親之堀親広森三千代森山啓山本露葉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎湖処子の関連情報