空想虚言(読み)くうそうきょげん(英語表記)phantastic pseudology

世界大百科事典 第2版の解説

くうそうきょげん【空想虚言 phantastic pseudology】

架空のことがらを本当らしく活発に物語り,それらしくふるまっているうちに本人自身も真実であると信じ込んでしまうような場合をいう。デルブリュックA.Delbrückが記載した(1891)。1905年デュプレE.Dupréが記載した虚言症mythomanieも類似概念である。自己顕示的,ヒステリー的な性格異常者にみられる。自分は高名な人物皇族貴族,大金持ち,発明家天才,大泥棒,数奇の運命の人物だなどという空想的物語が虚実とりまぜて語られ,詐欺に結びつくことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android