コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空想虚言 くうそうきょげんphantastic pseudology

世界大百科事典 第2版の解説

くうそうきょげん【空想虚言 phantastic pseudology】

架空のことがらを本当らしく活発に物語り,それらしくふるまっているうちに本人自身も真実であると信じ込んでしまうような場合をいう。デルブリュックA.Delbrückが記載した(1891)。1905年デュプレE.Dupréが記載した虚言症mythomanieも類似の概念である。自己顕示的,ヒステリー的な性格異常者にみられる。自分は高名な人物,皇族,貴族,大金持ち,発明家,天才,大泥棒,数奇の運命の人物だなどという空想的物語が虚実とりまぜて語られ,詐欺に結びつくことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android