詐病(読み)サビョウ

世界大百科事典 第2版の解説

さびょう【詐病 simulation】

病気でない人が,人をだます目的で意識的に病気を装うこと。いわゆる仮病のこと。徴兵軍務回避,労働の回避,刑事訴追からの逃避,賠償金の獲得など,なんらかの利益を得るために身体障害や精神障害が偽られる。賠償金獲得の目的では身体障害が偽られることが多いのに対し,精神病に基づく犯行は刑事責任が問われないため,犯罪者では精神病の偽られることが多い。疾患への無意識的な願望により生ずる賠償神経症や転換ヒステリーでも,症状形成によりなんらかの利益の得られることが多いが,患者には病気を装っているという意識はなく,これらは明白な目的のために意図的,作為的に演技される詐病とは区別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詐病
さびょう

実際には病気ではないのに病気を装うことで不正な利益を得ようとする行為。類義語に「仮病」があるが、仮病は、会社や学校を休むためにかぜを引いたふりをするなど、軽度の病気を装うことをさす場合が多い。これに対して詐病は、より悪質で反社会的なものを意味する。たとえば保険金詐欺では、自動車の運転中にあえて急ブレーキをかけるなどして追突を誘発し、軽く接触しただけであっても、むち打ちの症状を重篤なように装い、多額の保険金を得ようとする。殺人などを犯した者は意味不明なことを口走り、奇怪な行動をとることで精神疾患を装い、減刑をねらうことがある。また、犯罪に至らないまでも、就労を拒否するために、うつ病のふりをして医師の診断書を取得し、長期にわたって休職するような例も詐病の一種である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詐病の関連情報