コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うそ

世界大百科事典 第2版の解説

うそ【噓】

近代社会では,現実にありえない偽ったことや誇張したことをいうは,ふまじめな行為として否定的な評価を受けており,たてまえの上では〈正直に生きる〉ことが善とされてきている。しかし,うそをめぐる民俗を検討してみると,うそやほら話を近代とは異なった寛容な目で見ていただけでなく,うそに積極的な役割さえ認めていたようである。日本では,1年間についたうそを節分,小正月,10月20日,12月8日など特定の日に儀礼的に払ったり駆逐してしまう形の民俗がよく見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

噓の関連キーワード嘘吐き祝い・噓吐き祝い・嘘吐き祝・噓吐き祝噓と坊主の頭はいったことがない噓吐きは泥棒の始まり嘘っぱち・噓っぱち嘘発見器・噓発見器嘘っぽい・噓っぽい江戸育御祭佐七嘘偽り・噓偽り嘘八百・噓八百嘘の皮・噓の皮嘘吐き・噓吐き精神電気反応存じ掛け無い似つこらしい図書・文引推挙・吹挙ビュルガー筆を曲げる大嘘・大噓空嘘・空噓

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

噓の関連情報