(読み)うそ

世界大百科事典 第2版の解説

うそ【噓】

近代社会では,現実にありえない偽ったことや誇張したことをいうは,ふまじめな行為として否定的な評価を受けており,たてまえの上では〈正直に生きる〉ことがとされてきている。しかし,うそをめぐる民俗を検討してみると,うそやほら話を近代とは異なった寛容な目で見ていただけでなく,うそに積極的な役割さえ認めていたようである。日本では,1年間についたうそを節分,小正月,10月20日,12月8日など特定の日に儀礼的に払ったり駆逐してしまうの民俗がよく見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

噓の関連情報