コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空港表面探知装置 くうこうひょうめんたんちそうち

百科事典マイペディアの解説

空港表面探知装置【くうこうひょうめんたんちそうち】

airport surface detecting equipmentの訳。略してASDE。高い周波数を使って,空港の地表面における航空機や車両を探知し,移動を監視する近距離レーダー装置。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の空港表面探知装置の言及

【航空保安無線施設】より

…(3)の施設としては航空路監視レーダーならびにターミナル空域をみる空港監視レーダー,応答波の返ってくる二次監視レーダーなどがあり,また空港の地表面における航空機や車両の動きを監視するASDE(airport surface detecting equipmentの略。空港表面探知装置)もこれに含まれる。(4)は運航中の航空機と地上の交通管制部や管制塔,気象機関などの間の通信連絡を行うためのもので,ふつう近距離の場合はVHF(超短波)を,長距離の場合はHF(短波)のSSB(側波帯)を用いて行われ,UHF(極超短波)はおもに軍用通信に用いられている。…

※「空港表面探知装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

空港表面探知装置の関連キーワードairport surface detecting equipment管制塔

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android