コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空閑 くうかん

大辞林 第三版の解説

くうかん【空閑】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ひまなこと。あいてること。また、そのさま。 「石匠を以て過活を為なせしが或時、その業-にして/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空閑の関連キーワード真夜中の探偵新田義重空閑雄太空閑公康空閑琴美闇の喇叭バイオニ朱雀院空閑地封禁令勅旨田皇室領相博状神崎荘新田荘世良田露地田令墾田防人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空閑の関連情報