コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿孔貝 せんこうがい boring shell

2件 の用語解説(穿孔貝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穿孔貝
せんこうがい
boring shell

軟体動物門二枚貝綱に属する貝のうち,岩石,木材などに穿孔して生活するものの総称。これらのあける穴にはそれぞれ特徴があるので,それが化石となって産出したとき,原地性示相化石として注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穿孔貝
せんこうがい
boring shell

貝類のうち、地物に穴をあけてそれをすみかとする二枚貝類、および他の貝に穴をあけてその肉を餌(えさ)とする巻き貝類を、ともに穿孔貝という。
 二枚貝の例は、岩盤に穿孔するイシマテガイ、カモメガイ、粘土質の海底などに穿孔するウミタケガイ、海中の木材に穿孔するフナクイムシなどがある。これらのうちフナクイムシなどは木材をすみかとするだけでなく、やはり穿孔という機械的作用によって削った木材を栄養の一部としている。しかし、他の種では、穿孔を利用するのはすみかの場合のみで、栄養の摂取は、水管から取り入れる呼吸水中の有機物を濾過(ろか)するといった、通常の二枚貝類と同様の方法によっている。すべての穿孔性二枚貝は、しばしば木造船や海中構築物の破壊をもたらす。
 一方の巻き貝の例は、主としてタマガイ科とアクキガイ科の巻き貝に代表される。タマガイ科は砂底中の二枚貝などを襲い、アクキガイ科はカキ類など表生性の貝を襲い、酸を分泌して殻を軟化させる補助的機能もあると思われるが、おもに歯舌の機械的な作用により穴をあけ、そこから吻(ふん)を挿入して中の肉を食べる。このため、穿孔貝はいずれも養殖業者からは害敵として嫌われている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穿孔貝の関連キーワード頭足類軟体動物二枚貝類歯舌水管動物界二枚貝軟体類キュウチュウ(吸虫)二枚貝綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone