コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窓貝 マドガイ

デジタル大辞泉の解説

まど‐がい〔‐がひ〕【窓貝】

マドガイ科の二枚貝。熱帯の浅海の泥底にすむ。殻長8センチくらい。貝殻は円形で、右の殻は平らで薄く、白色半透明なので、古くは中国で窓ガラスのように用いられた。フィリピンでは風鈴・モビールなどの細工物を作る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まどがい【窓貝】

海産の二枚貝。殻はほぼ円形で直径10センチメートル 内外。半透明で真珠光沢がある。台湾以南の太平洋とインド洋に分布。右殻が平らなので、かつて中国では障子の窓に使った。今でも殻を連ねた暖簾のれんや風鈴がフィリピンなどで作られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone