コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪所(読み)くぼどころ

世界大百科事典 第2版の解説

くぼどころ【窪所】

建武政府の警備隊。関係記事としては,窪所と号して伊賀兼光結城親光・富部信連・高師直らを衆中としたこと(《梅松論》),1336年(延元1∥建武3)2月新田義高・金持広栄ら13名の武将を4番制の窪所に配置したこと(《建武記》)が知られるぐらいで,窪所の実体はほとんど不明。時期的にみて,前者は建武政府成立後まもないころの状況とみられ,後者は足利尊氏離反後の交名(きようみよう)である。窪所と武者所との関係も不明確であるが,現存する36年の両者の交名を比較すれば重複者が少なくないので,別々の機構だとしても性格的には近いと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android