コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪所 くぼどころ

1件 の用語解説(窪所の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くぼどころ【窪所】

建武政府の警備隊。関係記事としては,窪所と号して伊賀兼光結城親光・富部信連・高師直らを衆中としたこと(《梅松論》),1336年(延元1∥建武3)2月新田義高・金持広栄ら13名の武将を4番制の窪所に配置したこと(《建武記》)が知られるぐらいで,窪所の実体はほとんど不明。時期的にみて,前者は建武政府成立後まもないころの状況とみられ,後者は足利尊氏離反後の交名(きようみよう)である。窪所と武者所との関係も不明確であるが,現存する36年の両者の交名を比較すれば重複者が少なくないので,別々の機構だとしても性格的には近いと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

窪所の関連キーワード建武年間記番方武者所金吾警備保障中先代府警山岳警備隊万引きGメン千葉弥一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone