窺書・伺書(読み)うかがいしょ

精選版 日本国語大辞典の解説

うかがい‐しょ うかがひ‥【窺書・伺書】

〘名〙
① 上申状の一つ。上司などの意見または指令を請うために差し出す文書。〔財政経済史料‐八・官制・勘定所職制・雑・享保六年(1721)〕
② 江戸時代、郡代、代官が年貢その他のことについて勘定奉行の意見を徴するため、勘定奉行所伺方に提出する書類。
※牧民金鑑‐二・諸伺書・宝暦八年(1758)五月「御代官より差出候諸伺書御勘定所にて吟味差滞」
③ 江戸時代、奉行が老中に刑罰適用などについて、その指図を求めるために提出する書類。吟味伺書。
※禁令考‐後集・第一・巻六・享保一七年(1732)御仕置伺書に入牢之月日可認旨之儀に付御書付「科人又は御仕置もの伺書付被差出候節」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android