コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立つ波の タツナミノ

デジタル大辞泉の解説

たつなみ‐の【立つ波の】

[枕]
波が次々に寄せくる意から、「しくしく」に、また「寄る」と同音の「夜」にかかる。
「君は来ず我(われ)は故なく―しくしくわびしかくて来(こ)じとや」〈・三〇二六〉
「秋もなほ天の河原に―よるぞみじかき星合のそら」〈続後撰・秋上〉
立つ波の音の意から、「音(おと)」にかかる。
「蘆(あし)分くる程にきにけり―音に聞きてしこや難波潟(なにはがた)」〈和泉式部集・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつなみの【立つ波の】

( 枕詞 )
波のしきりに立つ意で、「しくしく」にかかる。 「君は来ず我は故なく-しくしくわびし/万葉集 3026

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android