コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立体規則性重合体 りったいきそくせいじゅうごうたいstereoregular polymer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立体規則性重合体
りったいきそくせいじゅうごうたい
stereoregular polymer

ビニル化合物 ( CH2=CHR ) を重合して得られる重合体では,重合の際になんの制限もないと,(a) に示すように置換基Rが主鎖に対して種々の不規則な方向に存在する (このような重合体をアタクチック重合体という) 。これに対して,(b) あるいは (c) に示すように,置換基Rが規則正しく配列している重合体を立体規則性重合体といい,置換基Rが一方向にあるもの (b) をアイソタクチック重合体,交互に反対側にあるもの (c) をシンジオタクチック重合体という。アイソタクチック重合体はプロピレンにみられるように配位重合で,シンジオタクチック重合体は低温でのラジカル重合やイオン重合でも生成される。立体規則性重合体は一般に結晶化しやすく,不規則なアタクチック重合体に比して融点が高く,機械的強度が大きく,物性が著しく異なる。アタクチックなポリプロピレンは粘いワックス状であるのに対し,アイソタクチックなポリプロピレンはプラスチックやフィルムとして使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

立体規則性重合体の関連キーワードチーグラー触媒

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android