コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配位重合 はいいじゅうごうcoordinated polymerization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

配位重合
はいいじゅうごう
coordinated polymerization

一般に付加重合では,単量体が次々と成長する高分子鎖に付加して分子量の大きい高分子が生成する。単量体が直接成長鎖に付加して高分子鎖が成長する場合と,単量体がまず触媒に配位してから高分子鎖に付加する場合とがある。後者は配位重合と呼ばれる。特にチーグラー触媒を用いた場合は,触媒への単量体の配位によって単量体が一定の方向に配列するので,立体規則性重合体を生成することができる。高密度ポリエチレンポリプロピレンは配位重合により生産されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

配位重合
はいいじゅうごう
coordinated polymerization

重合反応の一形式。重合しうる単量体化合物のある種のものに、アルミニウムや亜鉛の有機金属化合物を加えると、容易に重合して分子量で数百万にも達する重合体(ポリマー)となる。この重合は初め単量体(モノマー)に金属イオンが配位して活性化され、これに対して単量体が攻撃してくる。たとえばプロピレンオキシドのジエチル亜鉛‐水系触媒による配位重合は有名である。[垣内 弘]

配位アニオン重合

立体規則性ポリマーの製造法として知られている重合法である。ツィーグラー‐ナッタ触媒を用いた重合は、成長しつつあるポリマー鎖の末端が、金属触媒に配位しながら成長し、しかもその成長末端がアニオン(陰イオン)的なので配位アニオン重合coordinated anionic polymerizationという。この重合の特徴は、成長反応が制御されて生成した高分子の立体構造が厳しく規制されることにある。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

配位重合の関連キーワードエチレン・プロピレンゴムポリエチレン有機金属触媒イオン重合

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android