コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立山弟四郎 たてやま ていしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立山弟四郎 たてやま-ていしろう

1867-1937 明治-昭和時代前期の農業指導者。
慶応3年11月3日生まれ。生地の秋田県鹿角郡耕地整理組合,小作人組合を結成し,種苗交換会では中心となって活動した。また小学校時代の師和井内貞行の十和田湖開発をたすけ,立山文庫(現十和田図書館)を創設した。昭和12年7月30日死去。71歳。旧姓内藤

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

立山弟四郎の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android