コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高富 たかとみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高富
たかとみ

岐阜県南西部,岐阜市の北に隣接する地域。旧町名。 1897年町制。 1955年梅原,富岡桜尾大桑の4村と合体。 2003年伊自良村,美山町と合併して山県市となった。中心集落の高富には宝永6 (1709) 年本庄氏1万石の大名領として陣屋がおかれた。第2次世界大戦後は木工業が行なわれ,岐阜市への通勤者が多く宅地化が進む。白山神社拝殿は重要文化財に指定されている。国道 256号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高富
たかとみ

岐阜県南西部、山県(やまがた)郡にあった旧町名(高富町(ちょう))。現在は山県市の南東部を占める一地区。1897年(明治30)町制施行。1955年(昭和30)富岡、梅原、桜尾(さくらお)、大桑(おおが)の4村と合併。2003年(平成15)美山(みやま)町、伊自良(いじら)村と合併し、市制施行して山県市となる。高富は18世紀初めから高富藩1万石本庄(ほんじょう)氏の居所。明治以来、山県郡の行政・商業の中心地であり、山県市成立後も山県市役所の所在地となっている。岐阜市の北に接し、国道256号が通じる。バスの便がよいため、岐阜市方面への通勤者が多く、ベッドタウン化が著しい。東深瀬の白山(はくさん)神社拝殿は室町時代の建造物で、国指定重要文化財である。[上島正徳]
『『高富町史』(1980・高富町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高富の関連キーワード美山(岐阜県)三井八郎右衛門岐阜県山県市立山 弟四郎中村 波男山県[市]佐佐木高行佐々木高行高富[町]岐阜[県]服部 敏良美山[町]大河内輝充山県(市)本庄道倫本庄道信本庄道矩本庄道利本庄道堅本庄道揚

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高富の関連情報