コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗渠排水 あんきょはいすいunderdrainage; subdrainage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暗渠排水
あんきょはいすい
underdrainage; subdrainage

農地などの地下水位を適当な高さにする目的で,地下の停滞水の排水に使われる方法。その組織は,直接地下停滞水を吸水する吸水渠,吸水渠の水を集めて流す集水渠,排水口,さらに区域外から入ってくる地下水を遮断する捕水渠などから成る。また,暗渠は使われる材料の種類によって,次のように分けられる。 (1) 管暗渠 土管陶管コンクリート管,プラスチック管などを使用するもの。 (2) 簡易暗渠 石や礫,木,粗朶 (そだ) ,竹などを使用するもの。 (3) 無材暗渠排 もぐら暗渠といわれるもので,資材を使わず,穿孔機によって地中に通水孔をあけて水路とするもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あんきょ‐はいすい【暗×渠排水】

暗渠を設けて、土中の余分な水を排水すること。また、その設備

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

暗渠排水【あんきょはいすい】

圃場(ほじょう),農地の地下に導水管(路)を埋設し,地下停留水を排除すること。深さ60〜120cmに吸水管(塩化ビニル管,ポリエチレン管に数mmの穴をあけたもの)を埋め,ここから吸水渠,水閘(すいこう),集水渠を経て排水路へ排水する。
→関連項目明渠排水

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

リフォーム用語集の解説

暗渠排水

水田を必要なときに乾田化するための方策の一つ。基本的には、コンクリート製の深い排水路とここに水田の水をしみ出させる地中管の設置である。 地中管としては、プラスチック系コルゲート管や素焼きの土管を水田の土中に埋設する。 必要なときにその一端を排水路に解放して水田中の水を抜き、収穫や耕耘時に農業機械の使用を容易にする。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

あんきょはいすい【暗渠排水】

暗渠を作り、地中の余分な水分を排水すること。農耕地の改良などに行う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

暗渠排水の関連キーワード立山 弟四郎中川 佐平中井太一郎冨田 甚平味方[村]冨田甚平乾土効果詰上井戸湿田改良水分

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android