コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立方格子 リッポウコウシ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立方格子
りっぽうこうし
cubic lattice

結晶構造の表現のために、空間格子をブラベ格子に従って分類する型の一つ。単純格子のほかに多重度2の体心立方格子、多重度4の面心立方格子がある。格子定数にはabcαβγ=90゜の関係があり、格子の形は立方体になる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

立方格子の関連キーワードテトラヒドロホウ酸塩(テトラヒドロ硼酸塩)最密充填構造・最密充塡構造立方最密充填・立方最密充塡コットレル‐ローマー転位ブロッホのT3/2則塩化ナトリウム型構造ダイヤモンド型構造塩化セシウム型構造スヌークピークスピネル型構造マルテンサイトオーステナイト閃亜鉛鉱型構造酸化ナトリウム六方最密格子立方最密充塡立方最密充填赤銅鉱型構造スヌーク効果イオン結晶

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android