体心立方格子(読み)たいしんりっぽうこうし(英語表記)body-centered cubic lattice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体心立方格子
たいしんりっぽうこうし
body-centered cubic lattice

結晶の空間格子の1種で,立方体頂点と中心に同一の原子が配置されたもの。単位胞の中の原子数は2個で,最近接原子数は8個である。バリウムリチウムモリブデン,α,β鉄,δ鉄などがこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たいしんりっぽうこうし【体心立方格子】

八個の頂点および中心に格子点があって、立方体のかたちをした単位格子からなる空間格子。クロム・ナトリウム・カリウムなどの結晶は体心立方格子をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

体心立方格子
たいしんりっぽうこうし
body-centered cubic lattice

結晶構造の表現のために、空間格子をブラベ格子に従って分類する型の一つ。立方晶系における体心格子であり、格子定数にはabcαβγ=90゜の関係があり、立方体となる単位格子の体心に、もう一つの格子点が含まれている。
 原子配置が体心立方格子となる結晶構造が体心立方構造body-centered cubic structureで、略号bccがよく用いられる。アルカリ元素、アルカリ土類元素、鉄、クロムなどの遷移元素の金属単体結晶にこの構造をとるものが多い。半径一定の剛体球を体心立方構造となるよう詰め込んだ体心立方充填(じゅうてん)body-centered cubic packingがこれらの単体結晶構造のモデルとなるが、最密充填の充填率74.05%に比較すると、充填率は68.02%となり、ややすきまの大きくなった充填となる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいしんりっぽう‐こうし タイシンリッパウカウシ【体心立方格子】

〘名〙 結晶構造で各原子がそれぞれ八個の最隣接原子をもつような配置。すなわち立方体の中心と各頂点が格子点となるような構造で、アルカリ金属やα(アルファ)鉄の結晶にみられる。フランスの物理学者A=ブラベによる一四種のブラベ格子の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android