コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立版古/立板子 タテバンコ

2件 の用語解説(立版古/立板子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たて‐ばんこ【立版古/立板子】

起こし絵

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たてばんこ【立版古】

立版行とも書き,切組灯籠(きりくみどうろう),組上げ灯籠,起し絵ともいう。錦絵の玩具の一種。切り抜けるように家屋,人物などを描いた物を,糊で貼り合わせ台紙上に組み立て,芝居の舞台面のように作る。完成した物を縁台の上などに背後にろうそくをともして飾る,夏の風物の一つ。寛政(1789‐1801)末期から江戸にはやり三都で行われた。風景物もあるが,のちには《国性爺合戦》の楼門や《金門五山桐》の山門など芝居の舞台面がもっぱらとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone