コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立版古/立板子 タテバンコ

世界大百科事典 第2版の解説

たてばんこ【立版古】

立版行とも書き,切組灯籠(きりくみどうろう),組上げ灯籠起し絵ともいう。錦絵の玩具の一種。切り抜けるように家屋,人物などを描いた物を,糊で貼り合わせ台紙上に組み立て,芝居舞台面のように作る。完成した物を縁台の上などに背後にろうそくをともして飾る,夏の風物の一つ。寛政(1789‐1801)末期から江戸にはやり三都で行われた。風景物もあるが,のちには《国性爺合戦》の楼門や《金門五山桐》の山門など芝居の舞台面がもっぱらとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

立版古/立板子の関連キーワード立てばんこ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android