コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立石一真 たていし かずま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立石一真 たていし-かずま

1900-1991 昭和時代の実業家。
明治33年9月20日生まれ。昭和8年立石電機製作所(現オムロン)を設立し,社長,会長をつとめる。戦後いちはやく各種リレーやマイクロスイッチなどオートメーション機器を生産し,自動改札機,現金自動支払機などを開発して,社業を拡大させた。平成3年1月12日死去。90歳。熊本県出身。熊本高工(現熊本大)卒。
【格言など】最もよく人を幸福にする人が最もよく幸福となる

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立石一真の関連キーワード[各個指定]芸能部門スペースシャトル飛行記録ケビン コスナー[各個指定]工芸技術部門アルメニア共和国トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争アゼルバイジャン共和国畑知子

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立石一真の関連情報