立花小一郎(読み)たちばな こいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花小一郎 たちばな-こいちろう

1861-1929 明治-昭和時代前期の軍人,政治家。
万延2年2月10日生まれ。日露戦争で大本営付陸軍参謀をつとめ,ポーツマス講和会議に小村寿太郎随員として派遣された。大正9年陸軍大将。のち福岡市長,貴族院議員。昭和4年2月15日死去。69歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android