竜統元棟(読み)りょうとう げんとう

美術人名辞典の解説

竜統元棟

江戸中期の黄檗宗の禅僧。摂津大阪生。俗姓志方氏。大宝山法雲寺初代住持慧極道明法嗣。護国山東光寺第六代住持等を勤める。のち金蓮寺において最初の和僧住持となり、黄檗宗第十四代住持として晋山開堂をした。大和小泉藩主片桐主膳正貞音の帰依を得て、福寿山満願寺の中興開山となる。延享3年(1746)寂、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜統元棟 りょうとう-げんとう

1663-1746 江戸時代前期-中期の僧。
寛文3年生まれ。黄檗(おうばく)宗。河内(かわち)(大阪府)法雲寺の慧極道明(えごく-どうみょう)の法をつぐ。長門(ながと)(山口県)萩の東光寺鉢多院住持をへて,日本人ではじめて山城(京都府)万福寺住持となった。延享3年9月16日死去。84歳。大坂出身。俗姓は志方。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android