コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割算書 わりざんしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割算書
わりざんしょ

和算の鼻祖とされる毛利重能がつくった和算書である。最古の版本は元和8 (1622) 年刊である。その表題は不明であるが,目次のところに「割算目録の次第」とあり,また内容からみて『割算書』と呼ばれている。寛永4 (27) 年,8年にも出版された。序文には,アダムとイブの伝説を述べ,また中国で行われていた増減二種算,ロドリゲスの『日本大文典』にもみられる引算馬 (ひきそろばん) への言及がある。『算法統宗』に従った,そろばんを用いる割算の算法のほかに,両替に必要な算法,検地の際の面積計算,容積計算が含まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

割算書【わりざんしょ】

日本に現存する最古の数学書。毛利重能著。1622年初版。まず割算の九九をあげ,そろばんによる割算の方法を説明した後,糸布の取引,面積・体積,金銀両替,金利,米売買,測量,建築など日常生活に必要な計算を解説。
→関連項目九九算盤和算

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

割算書の関連キーワード吉田光由橋本正数竪亥録塵劫記算用記珠算

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android