端然(読み)たんぜん

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐ぜん【端然】

〘形動タリ〙 正しくととのったさま。きちんとしているさま。たんねん。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「夢の中に、一人の女子、白綾の袿に、おなじいろの袴着て〈略〉端然(タンゼン)として枕方に立在(たたずみ)て」 〔荀子‐非十二子〕

たん‐ねん【端然】

〘形動タリ〙 =たんぜん(端然)〔文明本節用集(室町中)〕
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)九「恁りけれども親兵衛は、〈略〉端然(タンネン)として外覰(よそみ)もせず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たん‐ぜん【端然】

[ト・タル][文][形動タリ]姿勢などが乱れないできちんとしているさま。「端然と座る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android