コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹乃里歌 たけのさとうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹乃里歌
たけのさとうた

正岡子規の歌集。 (1) 子規の自筆稿本で約 2000首。伊藤左千夫の手に渡ったが,左千夫の没後失われた。 (2) 1898年刊。 (1) の歌のほかに,長歌,短歌など俳句革新運動に入ってからの作品も加えられている。 (3) 1904年刊。子規の自筆稿本から左千夫らが 571首を選び,『子規遺稿』第一編として刊行。 (4) 56年刊。 54年になって発見された子規の自筆稿本を土屋文明五味保義らの校訂により刊行。いずれも俳句によって開眼した写生の精神を和歌に導入し,万葉風の調べにのせて独自の歌風を切り開いたもので,晩年の作には病者としての鋭い観察眼が感じられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

竹乃里歌の関連キーワード吉野 秀雄正岡 子規

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android