コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本大和太夫(初代) たけもと やまとだゆう

1件 の用語解説(竹本大和太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本大和太夫(初代) たけもと-やまとだゆう

?-1733 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。初代竹本義太夫の門弟で,初名は大和彦太夫。正徳(しょうとく)3年(1713)竹本座で初舞台,享保(きょうほう)2年大和太夫と改名した。大音美声で,竹本播磨少掾(はりまのしょうじょう)とならび称された。享保18年3月12日死去。大和(奈良県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹本大和太夫(初代)の関連キーワードポーランド史天野信景アウグスト[2世]塩尻能登半島地震本土空襲空襲被害新町遊郭と大阪大空襲青木鷺水天野信景

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone