コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本津太夫(2代) たけもと つだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本津太夫(2代) たけもと-つだゆう

1839-1912 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
天保(てんぽう)10年生まれ。義太夫節。文久4年京都で2代を襲名。明治8年から大阪の文楽座に出演し,竹本摂津大掾(せっつのだいじょう)につぐ地位をしめる。世話物を得意とし,引退後7代竹本綱太夫を襲名。明治45年7月23日死去。74歳。京都出身。本名は桜井源助。通称は法善寺津太夫

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹本津太夫(2代)の関連キーワード明治時代浄瑠璃

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android