コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹村茂兵衛 たけむら もへえ

1件 の用語解説(竹村茂兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹村茂兵衛 たけむら-もへえ

1732-1813 江戸時代中期-後期の商人。
享保(きょうほう)17年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)蒲生(がもう)の農家の出身。大坂にでて商家の徒弟となる。独立して行商し,のち下野(しもつけ)(栃木県)芳賀郡(はがぐん)谷田貝(やたがい)で醤油(しょうゆ)醸造業をはじめ天満屋と号した。文化10年3月6日死去。82歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹村茂兵衛の関連キーワードペグマタイト筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺ドゥーフ手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果後ろ面傾城歌三味線

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone