コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田春庵 たけだ しゅんあん

2件 の用語解説(竹田春庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田春庵 たけだ-しゅんあん

1661-1745 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文元年11月生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。貝原益軒に師事し,その推薦で藩の儒官となる。黒田光之,綱政,宣政,継高の4人の藩主につかえる。たびたび朝鮮通信使の応接役をつとめた。延享2年10月7日死去。85歳。京都出身。名は定直(さだなお)。字(あざな)は子敬。通称は七之助,助太夫。著作に「孝経釈義便蒙」,編著に「小学句読集疏」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹田春庵

没年:延享2.10.7(1745.10.31)
生年:寛文1(1661)
江戸前・中期の儒学者。名は定直,字子敬,春庵と号す。京都に生まれて翌年,祖母に抱かれて筑前に至り福岡藩主黒田光之に謁す。年15にして勤仕し,貝原益軒に従学,程朱学その他学問万般を学ぶ。藩儒になってからは江戸との往来の間に藩士教育や朝鮮通信使応接に勤め,詩文にも長じ,和漢兼学の益軒門下らしく和歌和文も堪能であった。折しも徂徠学の流行に遭遇し,荻生徂徠ら学派を違える儒者と議論するなど交友も広い。以後竹田家は累代藩儒として朱子学を奉じるが,春庵自身は程朱に盲従することのない懐の深さをみせており,それが福岡における中期以後の古学隆盛を準備したとも解せる。明治まで読み継がれた『小学句読集疏』(1715)をはじめ著書も多い。

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹田春庵の関連キーワード朝山素心三宅擔庵漢儒佐々十竹童子問林鵝峰定直高橋竜蔵藪慎庵由良箕山

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone