コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田光之 くろだ みつゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田光之 くろだ-みつゆき

1628-1707 江戸時代前期の大名。
寛永5年5月16日生まれ。黒田忠之の長男。承応(じょうおう)3年筑前(ちくぜん)福岡藩主黒田家3代となる。財政緊縮,植林治水などにつとめる。また貝原益軒を登用して学問の振興をはかり,「黒田家譜」や「筑前国続風土記」を編修させた。宝永4年5月20日死去。80歳。通称は吉兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

黒田光之 (くろだみつゆき)

生年月日:1628年5月16日
江戸時代前期;中期の大名
1707年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

黒田光之の関連キーワード成田清兵衛鶏卵素麺小石原焼生年月日竹田春庵黒田長清立花実山安倍頼任櫛田可懶黒田綱政大疑録南方録中期

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android