コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竺山得仙 ちくさん とくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竺山得仙 ちくさん-とくせん

1344-1413 南北朝-室町時代の僧。
康永3=興国5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。寂室元光,大拙(だいせつ)祖能らにまなび,大徹宗令(そうれい)の法をつぐ。摂津吹田(すいた)の護国寺,下野(しもつけ)の桂林寺をひらき,のち越中立川(りゅうせん)寺,能登総持寺などの住持をへて桂林寺にかえった。応永20年3月19日死去。70歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。道号は「じくさん」ともよみ,法名は得僊ともかく。語録に「竺山得仙和尚語録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竺山得仙の関連キーワード室町時代竺山得僊春巌祖東南北朝康永

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android