コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内談方 ないだんかた

1件 の用語解説(内談方の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ないだんかた【内談方】

室町幕府において1344‐1349年(興国5∥康永3‐正平4∥貞和5)の間に活動した所領押領,年貢抑留,用水相論,遵行難渋,下知違背など従来引付方所管の訴訟を扱った機関。内談とは室町幕府における沙汰の原案作成のための合議(内評定)をいい,政所,侍所,問注所,引付方,禅律方,仁政方などそれぞれ内談を行っているが,単に内談,内談衆,内談の座という場合には引付方(あるいは上記期間は内談方)のそれをいう。幕府成立の当初より設置された五番編成の引付方が上記案件について処理してきたが,1344年高師直,上杉朝定,同重能をそれぞれ頭人とし,一方ごとに10人の寄人で構成される三方制の内談方が新設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の内談方の言及

【引付方】より

…その成立は前年末までさかのぼると見られるが,構成・機能は,ほとんど鎌倉幕府のそれと変わるところはない。しかし44年(興国5∥康永3)に三方制の,内談方が設けられ,同じく所務沙汰を取り扱うにいたって,引付方の独自性は薄れ,幕府の裁判制度は複雑さを増し,さらに南北朝の内乱の長期化の影響を受けて,引付方の機能は著しく低下した。かくて将軍足利義満による,管領を中心とする訴訟制度の改革によって,引付方は機能しなくなった。…

※「内談方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内談方の関連キーワード花営三代記小侍所地奉行頭人中先代連歌始め御出奉行御祈奉行頼勝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone