笑福亭松鶴(5代)(読み)しょうふくてい しょかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笑福亭松鶴(5代) しょうふくてい-しょかく

1884-1950 明治-昭和時代の落語家。
明治17年9月5日生まれ。初代笑福亭枝鶴(のち4代松鶴)に入門,光鶴を名のる。大正7年2代枝鶴,昭和10年5代松鶴を襲名。漫才人気に対抗するため「上方はなし」を発行,また楽語荘を結成して上方落語の継承と発展につとめた。昭和25年7月22日死去。65歳。大阪出身。本名は竹内梅之助。
【格言など】煩悩を振り分けにして西の旅(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android