コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠原耨庵 かさはら じょくあん

1件 の用語解説(笠原耨庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠原耨庵 かさはら-じょくあん

1812-1892 幕末-明治時代の医師。
文化9年生まれ。幕医多紀槃窓に師事し,郷里の陸奥(むつ)一関(岩手県)にかえり医業をつぐ。のちふたたび江戸で小野蘭山本草学をまなび,一関藩の典学をへて弘化(こうか)3年(1846)藩校慎済館学頭となった。晩年は西洋医学を研究し,治療にとりいれた。明治25年4月11日死去。81歳。名は親農。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笠原耨庵の関連キーワード赤尾丹治ゴンチャロフティチングピールボロジノ洪景来の乱シュレーゲル(兄弟)ボロジノの戦いカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone