コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一家庭電器 だいいちかていでんき

1件 の用語解説(第一家庭電器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第一家庭電器
だいいちかていでんき

家庭用電気製品の販売,修理会社。 1947年登記上の設立。 58年家庭電化商品の販売業を開始。 64年株式額面変更のため瀬川石炭工業を第一家庭電器に改称し,同社と合併。関東地区中心に OA専門店,AVソフト店と家電の複合店舗を展開。売上構成比は,エアコン 10%,テレビ 12%,パソコン9%,冷蔵庫9%,ビデオ6%,ステレオ4%,その他 50%。年間売上高 381億 1000万円,資本金 156億 6400万円,店舗数 174,従業員数 529名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

第一家庭電器の関連キーワード2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト日米関係ラジオドラマ議会議事録長寿化

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone