コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第三者損害 だいさんしゃそんがい third party's liability

1件 の用語解説(第三者損害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第三者損害
だいさんしゃそんがい
third party's liability

業務または施設の運用管理者がその活動によって第三者に与える損害。科学・技術の急速な進歩と,これを実用化した巨大産業の発展により,この面での危険・損害は従来にない深刻なものとなるおそれが強くなり,伝統的な国際責任の原則である過失責任では,被害者の救済として不十分と考えられるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第三者損害の関連キーワード防火管理者vプロシステム運用管理施設所有者・管理者賠償責任保険指定管理者統括防火管理者統括防災管理者運営管理機関指定管理者の総合評価制度浜松市指定管理者制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone