第三者損害(読み)だいさんしゃそんがい(英語表記)third party's liability

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第三者損害
だいさんしゃそんがい
third party's liability

業務または施設の運用管理者がその活動によって第三者に与える損害。科学・技術の急速な進歩と,これを実用化した巨大産業の発展により,この面での危険・損害は従来にない深刻なものとなるおそれが強くなり,伝統的な国際責任の原則である過失責任では,被害者救済として不十分と考えられるようになった。そのため大型船舶,航空機原子力施設,宇宙物体などの高度の危険性を有する活動に関しては,多数国間条約によって,過失の有無を問わずに責任を負わせる無過失責任が採用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android