第三(読み)だいさん

精選版 日本国語大辞典「第三」の解説

だい‐さん【第三】

〘名〙
① 第一・第二の次。三番目。三回目。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「所へ下女が又第三の端書を持ってくる」
② 相対する二つ以外のもの。当事者以外のもの。物事に関係していない他のもの。第三者、第三国など。
③ 連歌・俳諧で、発句(ほっく)・脇句(わきく)の次にくる第三番目の一七字の付句(つけく)。発句と同じ季節を守るが、主題趣向は一転させる。
※長短抄(1390)中「第三もわきの程わなくとも、是も発句に遠からぬ時節をするべし。発句、真名字留の時は、第三まな字留はかしましき也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「第三」の解説

だい‐さん【第三】

3番目。3回目。
相対する関係にある二つ以外のもの。当事者以外のもの。「第三の人物」
連歌・連句で、発句(ほっく)脇句の次に付ける第3句。脇句から場面を一転させる句で、多く「て」で止める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android