コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇句 わきく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脇句
わきく

連歌,俳諧の用語。連歌,俳諧において,巻頭の発句に続く第2句をいう。句形は発句の5・7・5に対し,7・7。発句が客の役であるのに対し,句は古来亭主の役とされ,客に対する挨拶の心をもって,発句の言い残した言外の余情を継ぐようにつける。とまりは韻字止めが普通。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わき‐く【脇句】

連歌・連句で、発句(ほっく)の次に七・七と付ける第2句。ふつう、発句と同季。脇。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わきく【脇句】

連歌・俳諧用語。連句の第二句である七七の14音節句。〈客発句・亭主脇〉といって,一座()の亭主が受け持ち,常連のみの集いでも客の挨拶に答える心でよむ。一句の作意をこらすよりも付けることが大事で,発句(ほつく)の意を十分に忖度(そんたく)し,その状況をよくふまえて,それに逆らわず,寄り添い補うように付ける。和歌の下句を付ける要領だが,一句としても独立の判断を必ず示さねばならない点が異なる。当然ながら発句と同季,それも発句の季語が初・仲・晩の三月にわたる場合は,当季に従ってそのいずれかに定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

わきく【脇句】

連歌・連句で、第二句のこと。客の詠む挨拶あいさつの発句に内容・季などが相応じるように、一座の亭主が付ける。脇。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

脇句の関連キーワード脇・腋・掖・傍・側水無瀬三吟百韻客発句に亭主脇湯山三吟百韻歳旦三つ物夢想連歌連歌盗人挨拶付け韻字留め脇五体三つ物宗伊第三箕被三物

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脇句の関連情報