第二新卒

ビジネス用語集の解説

第二新卒

大学などを卒業してから企業へ就職したものの、
3年以内に退職した、または転職を希望する求職者を指すと言われています。

転職市場においては新卒採用の対象者と経験者採用の対象者の
中間的な位置にある求職者を指す事が多くなっています。

もともとは社会人経験、就業経験を持っている
25歳位までの求職者を指すことが一般的であったが、
最近では社会人経験、就業経験の無い25歳位までの
求職者も含むケースも一部で見受けられます。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいに‐しんそつ【第二新卒】

新卒で就職してから数年程度で退社した人。
[補説]就職や転職において、就業経験のない新卒の学生と、前職での経験を生かすことのできる社会人との間に位置づけられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

第二新卒

「第二新卒」の定義は明確ではありませんが、大学卒業後3年以内で25歳以下を対象とした採用活動を指すのが一般的です。就職した経験がない、いわゆるフリーターを含む場合もあります。「第二新卒」という言葉が聞こえ始めたのは、数年前から。不況の影響で就職先が見つからないまま卒業する学生や、就職してもすぐに離職する若者が増え、従来の中途転職者とは異なるが生まれたためです。こうした層の中に優秀な人材を求める中小企業が目を向けはじめ、第二新卒採用が生まれました。第二新卒のメリットは、新卒と違い、社会人としてのモラルマナーがある程度できていること、つまり教育に時間と費用をかけずに済むことがあります。また中途の転職者と違って年齢が若いため、柔軟性ポテンシャルがあり、給与も比較的安くて済むという点もメリットです。今後も新しい市場として注目されていくでしょう。

出典 マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-就活用語集(就活大百科 キーワード1000)について 情報

大辞林 第三版の解説

だいにしんそつ【第二新卒】

新卒で企業に就職して数年程度で転職する人。求人や転職に関連して用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第二新卒の関連情報