第六高等学校(読み)だいろくこうとうがっこう

精選版 日本国語大辞典「第六高等学校」の解説

だいろく‐こうとうがっこう ‥カウトウガクカウ【第六高等学校】

岡山市学南町にあった旧制の官立高等学校。明治三三年(一九〇〇)創立。昭和二四年(一九四九発足の新制岡山大学前身の一つ。六高

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の第六高等学校の言及

【高等学校】より

…その後,1918年に公布された高等学校令により,男子高等普通教育の完成機関として性格づけられることとなったが,その卒業者の大部分は帝国大学へと進学し,実質的には帝国大学の予科としての機能を果たしたことに変りはなかった。1900年には第六高等学校(岡山)が,01年には第七高等学校(鹿児島,1896年にいったん廃校となったものの再興),08年には第八高等学校(名古屋)が創立され,すでにあった第一~第五高等学校と合わせて,ナンバー・スクールと一般に呼ばれることとなった。さらに大正中期以後の大学増設に伴い,高等学校もしだいに増加し,40年には官・公・私立合わせて32校,学生総数2万5000をかぞえた。…

※「第六高等学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android