笹山養意(読み)ささやま ようい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹山養意 ささやま-ようい

?-1743 江戸時代中期の画家。
狩野常信(かのう-つねのぶ)の門人。法橋(ほっきょう)となり,逸斎と号した。宝永5年毛利家の絵師となる。寛保(かんぽう)3年10月20日死去。本姓は中村。名は常伝。別号に利斎,随永。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android