コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆受 ヒツジュ

デジタル大辞泉の解説

ひつ‐じゅ【筆受】

経典を漢訳するとき、訳す人の言葉を聞いて筆記する人。
「謝霊運は法華の―なりしかども」〈徒然・一〇八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつじゅ【筆受】

( 名 ) スル
〘仏〙 経典を漢訳する際に、梵語の口述を漢文で筆記する係の者。また、口述筆記すること。 「抽斎をして-せしめた護痘要法一巻/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筆受の関連キーワード実叉難陀大日経疏幾何原本渋江抽斎謝霊運費長房徐光啓道宣経典梵語

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android