筆才(読み)ひっさい

精選版 日本国語大辞典「筆才」の解説

ひっ‐さい【筆才】

〘名〙 文章を書く才能。文才
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二三「我が伊太利国民は文事に疎く(ヒッサイ)に乏く」 〔文心雕龍‐時序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「筆才」の解説

ひっ‐さい【筆才】

文章を作る才能。文才。
[類語]文才文藻詞藻詩才

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「筆才」の解説

【筆才】ひつさい

文才。

字通「筆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android