文藻(読み)ぶんそう

精選版 日本国語大辞典「文藻」の解説

ぶん‐そう ‥サウ【文藻】

〘名〙
文章詩文のあや。
本朝文粋(1060頃)一〇・世尊大恩詩序〈高階積善〉「講法華。名為勧学会
② 文章の才能。文才
※懐風藻(751)大友皇子伝「時議者、歎其洪学。未幾文藻日新」
※王城の護衛者(1965)〈司馬遼太郎〉「学殖があり、文藻もある」 〔蜀志‐秦宓伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「文藻」の解説

ぶん‐そう〔‐サウ〕【文藻】

文章のいろどり。あや。文彩。文飾。
詩歌・文章を作る才能。文才。
[類語]文才筆才詞藻詩才文章ぶん書き物一文いちぶん散文文言もんごん編章詞章文辞ぶんじ文体文面章句書面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「文藻」の解説

【文藻】ぶんそう

文才。

字通「文」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android