等位(読み)トウイ

大辞林 第三版の解説

とうい【等位】

等しい位くらい。等しい位地。
等級。階級。くらい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐い ‥ヰ【等位】

〘名〙
① 等級。位階。くらい。
東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「古は則ち人に等位有り」 〔荀子‐王制〕
② 等しい等級。等しい位置。
※葉花星宿(1972)〈松本清張〉一「世俗的に等位の、または一段と上位の雛壇を設定する」
③ (coordinate の訳語) 論理学で、一つの類概念に属する多くの種概念同士が相互に対する関係。たとえば、金属に属する「金」と「鉄」の関係。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android