等正覚(読み)トウショウガク

デジタル大辞泉の解説

とう‐しょうがく〔‐シヤウガク〕【等正覚】

仏語。
生死の迷いを去って、いっさいの真理を正しく平等に悟ること。仏の悟り。三藐三菩提(さんみゃくさんぼだい)。正等正覚。正等覚。
仏の悟りを得た者の尊称。三藐三仏陀。正等覚者。
真宗で、真実信心を得た位を往生が決定した正宗聚の位といい、その境地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうしょうがく【等正覚】

仏の完全な悟り。阿耨多羅三藐三菩提あのくたらさんみやくさんぼだい
仏のこと。仏の十号の一。等覚。正等覚。
菩薩の五十二の段階のうち、五十一番目。悟りの内容が仏と等しいことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android