等正覚(読み)トウショウガク

デジタル大辞泉の解説

とう‐しょうがく〔‐シヤウガク〕【等正覚】

仏語。
生死の迷いを去って、いっさいの真理を正しく平等に悟ること。仏の悟り。三藐三菩提(さんみゃくさんぼだい)。正等正覚。正等覚。
仏の悟りを得た者の尊称。三藐三仏陀。正等覚者。
真宗で、真実信心を得た位を往生が決定した正宗聚の位といい、その境地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうしょうがく【等正覚】

仏の完全な悟り。阿耨多羅三藐三菩提あのくたらさんみやくさんぼだい
仏のこと。仏の十号の一。等覚。正等覚。
菩薩の五十二の段階のうち、五十一番目。悟りの内容が仏と等しいことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐しょうがく ‥シャウガク【等正覚】

〘名〙 語。
① (anuttara- samyak-saṃbodhi の意訳) この上なくすぐれ、真理に平等な全き智慧。仏の備える智慧。阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)。無上等正覚。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「これらの等正覚、さらにかへりて、したしくあひ冥資するみちかよふがゆゑに」
② (anuttara-samyak-saṃbuddha の意訳) 仏のこと。仏の十号(じゅうごう)の第三。〔放光般若経‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android