コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫広門 つくし ひろかど

2件 の用語解説(筑紫広門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筑紫広門 つくし-ひろかど

1556-1623 織豊-江戸時代前期の武将。
弘治(こうじ)2年生まれ。筑紫惟門(これかど)の子。肥前勝尾城(佐賀県)が本拠。大友宗麟(そうりん)や島津義久(よしひさ)とたたかい敗れる。朝鮮出兵に出陣。関ケ原の戦い石田三成(みつなり)に属し,敗れて加藤清正のもとに身をよせた。元和(げんな)9年4月23日死去。68歳。号は夢庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

筑紫広門

没年:元和9.4.23(1623.5.22)
生年:弘治2(1556)
戦国から江戸時代初期にかけての武将。上野介。法名卓山夢庵。惟門の子。肥前国勝尾城(佐賀県鳥栖市)を本拠とし,同国東部から筑前国西南部(福岡県)にかけて勢力を有した。天正6(1578)年の耳川の戦後,大友氏に反旗を翻し,筑前岩屋城(太宰府市)を攻撃。しかし,娘と岩屋城督の高橋紹運の子統増の婚姻を機に大友方に転じた。同14年7月,島津軍に攻められ勝尾城は落城。翌15年豊臣秀吉から筑後国(福岡県)上妻郡を与えられ,2度の朝鮮出兵にも従った。関ケ原の戦では西軍(石田三成方)につき,合戦後は肥後(熊本県)の加藤氏に扶持された。<参考文献>『筑紫文書』

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の筑紫広門の言及

【筑後国】より

…【佐伯 弘次】
【近世】

[政治]
 1587年九州平定を終えた豊臣秀吉によって〈国割り〉が実施され,筑後は北部が小早川隆景(2郡。生葉,竹野等の諸説がある),毛利秀包(ひでかね)(山本,三潴等),南部が立花宗茂(山門,三池,下妻等),筑紫広門(ひろかど)(下妻)に分け与えられた。 1600年(慶長5)の関ヶ原の戦の後,豊臣方に属した毛利秀包,立花宗茂,筑紫広門はいずれも改易された。…

※「筑紫広門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筑紫広門の関連キーワード安宅船長谷川派蜘蛛舞薩摩版中将ていと南蛮菓子伯庵道具衆竜造寺政家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone