コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫惟門 つくし これかど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筑紫惟門 つくし-これかど

?-1567 戦国時代の武将。
少弐(しょうに)氏の支族。筑前(ちくぜん)(福岡県)御笠郡(みかさぐん)五箇山城主。大内氏,のち大友氏に属すが,永禄(えいろく)2年秋月種方(たねかた)とともに毛利元就(もとなり)に通じる。永禄10年大友宗麟(そうりん)に攻められて落城し,討ち死に。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

筑紫惟門の関連キーワード筑紫広門少弐

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android